傷病手当金受給方法|無料レポート トップ >>

うつ病で傷病手当金に興味のあるあなたへ


傷病手当金受給方法 うつ病で傷病手当金申請できる無料レポート

つらい病状にもかかわらず、このページをごらん頂き本当にありがとうございます。

傷病手当金を受給するための方法を知り、実践するだけで、あなたは安心して療養に専念できるようになります。

あなたとご家族から経済的な不安を取り除きたいという思いから、このサイトを通じて

「うつ病で休職・退職をよぎなくされた状態でも傷病手当金をはじめとする公的支援を受けるためのノウハウ」を無料でお伝えしたいと思います。

私もうつ病になって傷病手当金を受給しました。


私も実は、うつ病のために会社勤めをすることができなくなった人間なので、
あなたの気持ちは良く分かります。

私は、ある日を境に

  • ・朝起きるのがつらくて仕方がない!
  • ・会社にいくのが嫌でたまらない!
  • ・人間関係が苦痛!

  • という最悪な毎日を送るようになっていました。

    人間関係の重圧や仕事での緊張から ある朝会社に行くのがとてもつらく、
    どうしても行くことができませんでした。

    1日休んでしまうと、次の日も行きたくなくなってしまう。

    結局、会社にだんだん行きにくくなってしまいました。


    その結果、私は会社から戦力外通告を受けました。

    2年間付き合った彼女との結婚を控えた矢先で
    会社を辞めることになり、突然収入が断たれてしまったのです。

    彼女にも両親にも迷惑をかけ続けましたし
    病状はいっこうに回復する様子はなく

    このままの状態が続いたらいったいどうなってしまうんだろう?

    自分はなんてダメな人間なんだ・・・
    という不安と失望で押しつぶされそうになりました。

    実際、両親や彼女の前で涙を見せたことも1度や2度ではありません。


    両家の結婚に対する責任の重圧。
    一銭も稼ぐことのできない経済的非自立や不甲斐なさ。

    心理的ストレスからくる嘔吐感や倦怠感など。
    すべてを投げ出してしまいたい、消えてしまいたい。
    そんな時期もありました。

    そんな私ですから、あなたの気持ちがよく分かります。

    でも、私はある出来事を機に、
    その心理的ストレスがおおきく解消に向かう、「きっかけ」に偶然出会い、
    知ることができました。

    私はその「きっかけ」のおかげで現在、ある程度の気持ちのバランスが取れた、
    一歩一歩前向きに進める「自分らしい」生活を取り戻しつつあります。

    ですから、
    同じ悩みを抱えるあなたに少しでもお役に立てれば、不安を解消できればと、
    このページを見てくださったご縁とともに、その「きっかけ」をお知らせし、
    同じ悩みを抱えるあなたに少しでもお役に立てれば、不安を解消できればと、

    もう、あなたが
    これ以上頑張らなくてもいいように。
    少なくとも、あなたから経済的不安を取り除き、
    療養に専念できるようにすること。

    それが、私の使命とも感じているのです。

    傷病手当金受給マニュアルの中身を少しだけご紹介


    請求書の具体的な書き方と注意点とは?

    あなたはマニュアルに書いてある通りに手続きを進めていくだけでよいのです。
    なぜなら、あなたは傷病手当金を受け取るにあたり、
    必要な作業や手続きがまったく分からない状態ですので、
    私が必要なことを順序立てて丁寧に解説したものが本書だからです。


    たった2回、病院に通うだけで傷病手当金の診断書を書いてもらうことができます!

    初診である1日目から診断書や申請書を書いてくれる先生は稀です。
    ですが、2回目の通院だったら診断書を書いてもらうことが可能です。
    そのための手順を具体的にお伝えします。


    どんな人でもたった1日で健康保険傷病手当金請求書を書いてもらう裏技も伝授します。

    さらに強力な裏ワザを使うことで、どんな人でも一発で傷病手当金の申請書を
    書いて貰える驚きの方法を伝授します。
    しかし、決して悪用はしないでください!
    あなたを信じて、このやり方を公開したいと思います。


    診断書や傷病手当金の請求書をすんなり書いてもらえる医師の探し方とは?

    診断書や請求書を「面倒だから」という理由で書いてくれない医師もいます。
    そういった医師に当たらないように、ある方法を使って、
    すんなり書類を書いてもらえる医師を探す方法があります。
    その方法をあなたにお教えします。


    複雑に見える傷病手当金を受給する条件や概要が簡単に理解できます。

    本書では、難しい言葉は極力避けて、病状に苦しんでいる方でも
    理解しやすいように分かりやすく解説しています。
    私自身、傷病手当金のことを学ぼうと、本を買って勉強しましたが、
    書いてあることは専門的な内容ばかりで、理解するのに非常に苦労をしました。
    あなたは、そんな苦労をぜず、傷病手当金を受給し療養に専念してほしいのです。


    私、藤田が実際に傷病手当を受給するまでの、実体験を順序立ててお話します。

    私の事例とあなたの今、置かれている状況を比較して、
    傷病手当金を受給するまでの参考として活用していただければ嬉しいです。
    ある医師やある病院を選び、傷病手当金の受給が認められ、
    会社を辞めるまでの一部始終をマニュアルの中で公開しております。


    うつ病で退職して、傷病手当金を貰い、その後も貰い続けるために必要なノウハウとは?

    うつ病で退職して傷病手当金を貰い続けるにはコツが必要です。
    とはいっても、決して難しいことではありません。
    ごくごく基本的で当たり前なことをするだけで、
    あなたは1年6カ月間、傷病手当金を貰い続けることができます。


    すぐに会社を辞めてはいけません!会社を辞める前にすべきこととは?

    コレをするだけで、確実に傷病手当金を受給でき、療養に専念できます。
    あなたの辛い病状をより早く善くするために、会社を辞める前の「あなたがすべきこと」
    を余すことなく公開します。


    会社を辞める時の注意点とは?

    これを知らないと、会社と無益な争いをすることになりとても面倒です。


    会社を辞めてからやること

    辞めてから1か月以内に●●●で手続きをしてください。
    この手続きをすることで、あなたの療養生活はさらに経済的にも安定した
    療養生活をすることができます。


    不正受給に注意!こんなことをしたら不正受給になってしまいます。

    傷病手当金を受け取る際に、このやり方をしたら不正受給になって
    違約金を支払わなくてはいけないことになります。
    どういう事例のときに不正受給になるかお話します。


    傷病手当マニュアル