傷病手当金 支給

傷病手当金受給マニュアル うつ病の方が傷病手当金申請をして会社を退職し、安心した療養生活を送れる方法をお教えします。

傷病手当金は受給資格があっても請求しないと支給されません。傷病により欠勤し給料が支給されない場合、安心して療養に専念出来るように健康保険から賃金の一部に相当する現金が給付されるものが傷病手当金です。
傷病手当金受給マニュアル

病気で会社を休職や退職を余儀なくされた方に、
経済的不安を取り除き、療養に専念できる』  キッカケになれば幸いです。

傷病手当金はうつ病などの病気が原因で会社を休職や退職した場合に労働組合から給与の3分の2程度のお金が給付される制度です。
失業保険や障害年金とは違います。精神科医の先生や 社労士の先生からも絶賛の声をいただいておりますので是非ご覧ください。

下記は、傷病手当金マニュアルの紹介から、支給について一部抜粋したものです。

現在、賃金日額に対する失業給付の支給率は50~80%

(60歳以上65歳未満は45%~80%)と定まっています。


給与の半額程度しか貰えないケースが多いうえに

給与が高い場合には上限が決まっています。

支給期間も支給開始後最大90日~150日です。



一方で、傷病手当金は給与の3分の2が支給されるうえに

支給期間も1年6カ月と非常に長いです。

 

しかも、途中で病状が回復した場合には

傷病手当金を失業手当に切り替えて就職活動を行うこともできるのです。


この図を見てください。




誰が見ても一目瞭然なことを申し上げますが、

①の失業手当のみの支給では、支給期間3ヶ月間で最大支給額80%だとしても、

支給額は合計72万円です。

3ヶ月の間コンスタントに24万円支給されることは非常に助かることですが、

これはあくまでも就職活動を行うための手当金です。


②の傷病手当金のみの支給では、支給期間が1年6ヶ月間もありながら、

給与の3分の2が支給されますので、支給額は合計360万円になります。

これだけ長い期間、一月当たり20万円支給され続けますので、
経済的な不安を一切感じることなく療養生活を送ることができ、
現在うつ病でお悩みのあなたでも、

「心のゆとり」が生まれるのではないでしょうか?


・・・


また、請求書を書いてもらってからも傷病手当金が不支給になるケースもあります。

それは、


不支給になるケースは請求書を書いてもらったあとに会社に出社してしまうことです。

退職日に挨拶廻り、私物の引き取り、引継ぎ等のため出勤し、

出勤扱いされると継続して労務不能の状態が途切れ、傷病手当金は不支給となります。


くれぐれも気をつけるようにしてくださいね。


この他にも、・・・

傷病手当金受給マニュアル

傷病手当金 申請傷病手当金 期間傷病手当金 退職傷病手当金 健康保険傷病手当金 うつ病傷病手当金 受給傷病手当金 支給

dummy dummy dummy