傷病手当金 うつ病

傷病手当金受給マニュアル うつ病の方が傷病手当金申請をして会社を退職し、安心した療養生活を送れる方法をお教えします。

傷病手当金は、うつ病で退職する人をサポートする国の制度です。彼はうつ病の療養中で働いていないのに金銭的な問題は一切ないように見えました。決して家が裕福なわけでもないのに、なぜ生活ができるのだろうか?気になって、聴いてみたところある事実が分かりました。彼は傷病手当金を受給していたのです。
傷病手当金受給マニュアル

病気で会社を休職や退職を余儀なくされた方に、
経済的不安を取り除き、療養に専念できる』  キッカケになれば幸いです。

傷病手当金はうつ病などの病気が原因で会社を休職や退職した場合に労働組合から給与の3分の2程度のお金が給付される制度です。
失業保険や障害年金とは違います。精神科医の先生や 社労士の先生からも絶賛の声をいただいておりますので是非ご覧ください。

下記は、傷病手当金マニュアルの紹介から、うつ病について一部抜粋したものです。

うつ病治療の専門家より傷病手当金マニュアルの推薦の言葉を頂きました。
【薬を使わない精神科医 宮島先生のプロフィール】
宮島 賢也
1973年生まれ、神奈川県出身、東京都在住。
薬を使わない精神科医、湯島清水坂クリニック院長、メンタルセラピスト養成講師。


うつ病の原因として考えられるのは
過度のストレスと考えています。

・疲れている
・やりたくないことを無理やりやっている
・やりたいことができていない

こういった状況になると、うつ病の症状が
ストレスが過度にかかっていることを教えてくれます。

もし、休もうと思っても仕事を休んではいけないという考えが原因で休めない。

今の仕事でやりたいことができていない。
むしろ、やりたくないことを無理やりやらざるを得ない。

そんなときは、少し仕事を休んで自分を見つめなおす時期かもしれません。

うつ病の方がある程度の期間休むのであれば、
傷病手当金を活用するのもひとつの考えでしょう。

傷病手当金は、国から給付されるものは受給資格があっても、
請求しないともらえないものです。

知っている人と知っていない人では大きな違いがあります。

傷病手当金の申請方法については、通常、役所の窓口でも
教えてもらえないようなことが書かれていて、私も驚きました。

私自身も知らないことも書かれていて、
実際に経験をされている藤田さんだからこそ、
ここまで書けたのだと思います。

詳しく丁寧に書かれていて、とても分かりやすいです。

またマニュアルには1年間のメールサポートがついています。

これは藤田さんの親切で優しいお人柄があらわれていると思います。

手続きがスムーズに進まないこともあるかもしれませんが、
メールサポートがあれば、安心して、手続きに望めると思います。

必要な方にとって、非常に役に立つマニュアルではないかと思います。
難しいノウハウは実践できないんだけど・・・

うつ病であるあなたに難しいノウハウを渡して

「頑張って実践しなさい!」というのは、あまりにも酷です。


私もうつ病ですので、その気持ちはよく分かります。

頑張りすぎるのは絶対によくありません。


でも、ご安心ください。


本マニュアルで行う傷病手当金の申請は

決して難しいことではありません。


手順通りに決まったように書類を作って提出すれば

申請ができてしまうのです。


私自身、うつ病に苦しんでいたもっともひどい時期でも

無理なく実践できた簡単なノウハウですのでご安心ください。


その具体的な方法を・・・

傷病手当金受給マニュアル

傷病手当金 申請傷病手当金 期間傷病手当金 退職傷病手当金 健康保険傷病手当金 うつ病傷病手当金 受給傷病手当金 支給

dummy dummy dummy